«前 || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || 次»

セブンイレブンでドラマ「仁」フェア

いま、セブンイレブンではドラマ「仁」にちなんだ商品をいくつか用意しているようです。そのうちのひとつ「安道名津」を買ってみました。

ひとつ120円。あんこは、上に厚めに塗ってあります。
安道名津

意外にやわらかい。もっと固くてまずいと思っていましたが、そんなことなかったです。
安道名津

あのドラマ、けっこうおもしろいですが、病院にもポスターが(子供のはしか予防だったかな?)貼ってあり、あちこちに浸透しているようですね。

参考リンク:
○ セブンイレブン
○ ドラマ「仁」

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)

 
 
mikimarulogも、よろしくお願いします。

ネット通販と返品事情

わたしは通販の大半を食品がしめているせいか、ネット通販でほとんど返品をしたことがありません。食品の通販サイトでは「お客様のご事情による返品には応じられません」と書いてある場合がほとんどです。だからそれだけに、返品などの事態が生じないよう、生産者もしくは荷物を詰める人が、きっちりとやってくださっていると思っています。

今日、amazon.co.jpから、ある食品が届きました。瓶詰め食品です。昨日の午後に注文したら、昨日は発送の連絡がなかったのに本日の午前に到着しました。amazonからは今日の午前に「本日発送しました」というメールがはいっていました。

思いがけず早く届いたので、とても喜んでいたのですが、数時間してよくよく見ていると、どうもその瓶詰めが、あまりよくない。ふたつあるうち片方が、蓋の上部がペコペコと動くのです。ジャムなどの商品では、完成した直後に熱い状態で蓋をするので、蓋はピタッとしているはずです。その食品は厳密にはジャムではありませんでしたが、蓋には英語で「ここが動くようなら食べるな」と、きちんと書いてありますので、ジャムと同じ認識で問題ないはず。

amazonで返品処理メニューを見てみたところ、本来はまだ到着していないはずの日時のせいか、返品の具体的なメニューに進めません。メールで問い合わせをしたら(わたしの書き方が悪かったのかもしれませんが)紋切り型のお詫びとともに、商品返送用の説明ページにリンクを紹介されました。

でも、わたしはそもそも、オンラインで返品手続きをするメニューに行けないので、商品と一緒に返すことになっているらしい情報もしくはバーコードなどを、印刷することができません。そこでまた問い合わせ中です。

…でもね、思うんです。

amazonのような大手は、商品数もサービスも、いいかもしれない。送料もほかの通販サイトよりお得な場合がほとんど。でも今回の商品を梱包した人たちに食品の一般常識があったら、あの商品(蓋がペコペコ上下する、それに賞味期限の残り日数が常識で考えて短すぎる状態)を、箱に入れません。ほかに商品があるなら交換し、それしかないのなら出荷を停止して、客に連絡をします。

問題があれば返品してくださいという態度は、ある人には気楽で安心に感じられるかもしれないけれど、わたしのように「返品が生じるような危険性をもっと減らして」と思う人間には、逆に機械的な対応すぎて、雑な印象をいだかせます。

やっぱり食品は、食品慣れしているお店で買うのがいいかなと、今回は残念ながらそんな風に思いました。

 
 

ドイツの食中毒事件、キュウリが原因か(?)

このところニュースでよく耳にしているドイツの食中毒事件ですが、すでに10人の死者が出ていて、大勢の人が症状を呈しているそうです。

28日現在の毎日jpの記事
食中毒:ドイツで大腸菌0104感染者が急増 2人死亡

29日現在のAFPBBNews
食中毒相次ぐドイツで新たに4人死亡、キュウリの病原性大腸菌汚染が原因か

現在のところ、キュウリを検査していて、結果は現地時間の30日に出るようです。

もし原因がキュウリだとすると、たいていの国の食べ方として加熱より生でしょうから、被害が拡大することは、考えられるかもしれません。

1秒でも早く、原因がはっきりしますように。

 
 

ネットスーパー

わが家も数年前からお世話になっているネットスーパー。食材を計画的に買えることと、体調が悪い時期があっても普段から利用してコツがわかっていれば安心できるという思いから、複数の店を少しずつお試ししたこともありました。現在はメインのネットスーパーを決めています。

ネットスーパー関連のニュースを見ていると、地域拡大などの話題が増えてきましたね。たとえばマルエツは、今月から千葉にも進出したようです。

マルエツ、千葉県にネットスーパーのサービスエリアを拡大 - 日経プレスリリース

マルエツの場合は、今回の話題で紹介されている東習志野店や、従来からある朝霞店はマルエツ公式サイトで取扱うほか(配達料金などの規定はそれぞれ別)、楽天ネットスーパーでは東京23区と町田市、横浜市を取り扱うようです。

こういうニュースで感じるのは、ネットスーパーとはいっても、ネットにつながっていない買い物弱者(高齢などの理由でパソコンに慣れていないが、買い物のニーズは誰よりもある)に、どこまで親切に対応できるか、だと思います。わたしなどは買い物に出かけることもできるけれど習慣としてネットスーパーを採りいれようと、自分から望んではじめたことですが、世の中にはもっと切実な人(世代)も多いはず。

これからのネットスーパーや流通業界には、大きく期待したいです。

参考リンク:
○ マルエツネットスーパー(公式) - 朝霞店、東習志野店

東京23区ほか


最近のわが家の定番ネットスーパー

 
 

まもなく正式オープンです

まだ終えていませんが、今月中に、関連サイトからリンクを貼り終えますので、アクセスも増えてくると思います。また、検索エンジンにも少しずつ登録されているようです。

動作確認も少しずつしておりますが、コメント記入のテストだけはしておりません。あとでやっておきましょう。

なにかお気づきの点がありましたら、コメント欄や blog @ mikimarche.com へのメールをお待ちしております。

 
 

三越伊勢丹、8月と2月に定休日を設ける予定

4月の頭に「三越伊勢丹が節電のため定休日を復活させるらしい」と新聞などで話題になりましたが、その後どうなったのだろうと、検索してみました。なんといっても、新宿伊勢丹はわたしにとって聖地。定休日には新宿が寂しくなります。

さて、5/13の東京新聞によれば
三越伊勢丹に定休日
>  三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄社長は十二日、決算会見の席上で、八月と来年二月に週一~二日の定休日を設ける方針を明らかにした。定休日復活は約八年ぶり。

ただし、電力不足への対策ではなく、人事効率を上げる目的だとのことです。

いずれにせよ、8月は事前に定休日チェックをしてからのお出かけが必要ですね。

三越 伊勢丹<br />
<br />

 
 

災害時などに役立つ簡易トイレ

これは今月になって購入した商品です。
災害時などに役立つ簡易トイレ
組み立てるまでは、とても軽いです。中にビニール袋と屎尿を固める薬剤が5個ずつはいっています。
(開封していないのですが、説明ではそうなっています)

薬剤で固めたものは、ゴミに出したり、水洗トイレに流したりできるようですので、災害時だけでなく、たとえば山奥に何日もロケに行くマスコミの人とか、トイレが一時的に壊れて修理を待っているご家庭とか、いろいろな用途が思いつくかと。

これは楽天のお店で購入しました。
○ いつでも気軽に使用可能!簡易トイレニュープルマル

 
 
«前 || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || 次»