blog - みきまるしぇ

素材や役立つサービス

WYSIWYGエディタ

 ワープロ感覚で書いた文章を、そのままウェブに載せられるようなものは、便利ですけれども、なかなか見つからないのです。高度な表現で検索すると専門家のためのエディタが見つかり、簡単すぎる言葉で検索すると、市販パッケージソフトが表示されたり。探すのにも、ひと苦労。

 わたしが以前に使っていたソフトにKompoZer(コンポーザー)というものがあったのですが、それはもう何年もずっと更新されておりません。操作が似ているもので同じMozilla系の流れを汲むSeamonkey(シーモンキー)というものがあって、それをたまに使ってきました。

 最近では、パソコンにインストールするタイプの作成支援ソフトだけでなく、オンラインで作業をしてそのままHTMLを作成して公開するというサービスが増えてきています。どちらにも利点がありますが、わたしは最近ふたつほど試してみました。

○ インストール型のソフト - BlueGriffon
 Mozilla系列のブラウザであるFirefoxをベースにしています。Mozilla系に慣れている人には、簡単に使いこなせます。
 公式サイトからダウンロードしますが(その段階では英語)、ダウンロードしたあとは、設定画面で日本語が使えるようになります。ちなみにMac OSですと、Preferenceという画面からAdvancedに進むと、以下のようなメニューで日本語が選べます。

bluegriffon_190426a.jpg

 このソフトでとても楽と思える点としましては、たとえば何年か前に書いて古い文法になっているHTMLファイルを手直ししたいときですね。このソフトでいったんそれを呼びだして、画面をすべてクリップボードにコピーし(MacならばCommand+A、WindowsならCTRL+Aを押した状態で、Aに置いていた指をCに変更します)、新規作成画面を出して、ペースト(MacならばCommand+V、WindowsならばCTRL+A)します。するとHTML5の文法で書き直してくれますので、それを新たに別名で保存すれば、その後はらくらく更新できます。

○ クラウド型(オンライン)のサービス - STUDIO

 こちらは、オンラインサービスです。複数の人でも作業できます。たとえば会社やグループでひとつのサイトを更新するときに、メンバーで同じものを触りながら更新できます。
 作業で作ったファイルを持ち帰って、別の場所で使うのではなく、その場所ですべて完結しています。無料版ですと、"場所名.studio.design"というURLで公開されます。有料版ですと、ご自分で用意したドメインを使うことができるようです。

 このサービスの何がすごいかといえば、自分できれいな画像を用意していなくても契約先のフォトサービスからきれいな画像をダウンロードしてきてページに組み込めたり、なんと、評判のモリサワフォントまで使えるのです。わたしもいま会員登録して少しずつ学んでいるところですが、たしかにモリサワが選べました。
studio_190426a.jpg

 モリサワフォントは、かわいいものも、上品なものもあり、これがサイトのデザインで使えるというのは、ほんとうに魅力的ですね。

≫ Read More

素材や役立つサービス   2019/04/26   mikimarche

決済サービス

 店頭やインターネット上で料金を回収する方法について、少しだけご紹介します。

 このサイトを昨夏に開始時には「最初からネット上で大々的な商売をはじめようと思わない方がよいです、まずは少しずつ」と書いておりましたが、最近の決済サービスは店頭でも使えるスマホ決済も含め、いろいろと種類も増えております。外国人旅行者や日本国内の若い世代を中心に、小銭を持ち歩かずにできるだけ電子的な支払で済ませたいと思う層も、厚くなっています。

 各社それぞれにサービスがありますが、わたしが自分で(消費者の立場として)使ったことがあるものを中心にご紹介します。

  • スクエア (Square) - 小規模なお店でも簡単に導入可能な店頭型カードリーダーを提供するほか、オンラインでの請求書発行とカード決済による料金回収がおこなえます。消費者としてオンライン決済で利用したことがあります。
  • PayPal  - こちらは消費者として買い物に利用したこともありますが、このサイト上での業務で支払を受ける際の候補として、アカウントを所持しています(本人確認ができている会員は、料金の受けとりができます)。​また、相手(お店や個人)がアカウントを所持していれば、金額を指定して送金できます。
  • ゼウス (ZEUS) - このサービスは以前から存在しています。オンラインショッピングでこのサイトと契約しているお店を通じ、消費者として利用したことがあります。
     
  • 楽天ペイ - こちらは言わずと知れた楽天市場の系列です。楽天以外でのオンラインショッピングでも、契約しているお店を通じ、楽天IDで決済できます。
  • SBペイメントサービス - こちらはソフトバンク系列です。大手の企業も採用している意味では、安定のサービスです。
  • Amazonペイ - Amazonのモバイル用アプリからそのまま使用できるため、手間いらず。対応する店舗が増えればかなり便利な存在だと思います。ただ、街頭で実店舗を構えるお店に関しては、まだそれほど普及していないようにも感じられますので、これからが楽しみですね。
     

≫ Read More

素材や役立つサービス   2019/01/13   mikimarche

写真素材

 ウェブサイト構築に欠かせないのが、画像素材。無料でも、約束事を守って使用すればビジネス用のサイトにも使用できるものが多くあります。

 いくつかの写真サイトをご紹介します。

  • PIXTA - とても高品質です。購入商品が多め、無料は少なめ。

 運営が日本の会社なので掲載内容は日本人向き、日本語での検索しやすさも、問題ありません。画像以外にも、チラシ作成用テンプレートや、音楽素材なども。

  • 写真AC - わたしも写真提供の側で参加しています。無料が多めで、有料のものであってもサイズが小さければ無料でダウンロードできます。

 日本の会社で、写真提供も日本人が多く、スムーズに利用できます。ダウンロードした画像を自分で編集可能です。自分で編集した画像を第三者に渡すことなどは禁止ですが、クレジットやリンク表示も求めず、比較的ルールが緩やかなサービスです。

  • ぱくたそ - サイト運営は個人ですが、良質の素材が揃っています。利用は無料。

 ただ、ダウンロードした人が自由に編集することはできず、指定された方法でのトリミングが認められるのみですので、利用条件の遵守を心がけましょう。

  • Pixabay - 外国のサイトですが、利用メニューは日本語に対応。

 多くの画像が揃っていて、利用条件もゆるやかですので編集もできます。会員登録すら不要。
 ただし、検索メニューでは日本語があまり通りません。英語で検索したほうがよい結果が出ますが、出てくる内容が日本人の好みかというと、必ずしもそうとはいえません。

 季節や用途別の分類や、登録された写真家ごとに写真を探すことができますが、飲食店や食べ物関係のサイトに利用できそうな画像がトップページからも探しやすいようになっている点で、当サイトをご覧のみなさまには、便利かと思います。

 ほかにもたくさんありますので、ぜひ「写真素材」などの単語で検索してみてください。
 

≫ Read More

素材や役立つサービス   2018/09/03   mikimarche