blog - みきまるしぇ

2021/1/26

オンライン会議、自宅録音/収録(追記あり)

 コロナ禍にあり、去年からオンラインでのミーティングや、講座の受講などの機会が増えた方も多いかと思います。仲間内の小規模な集まりや、聞く/見るが中心のレッスンならば、とくに機材などの大きな投資をしなくても、スマホやタブレットで参加が可能ですね。

 わたしは自分の録音した声で動画を作りたいとずっと思っているのですが、音の問題(録音の質)で、ちょっと悩んでいます。

 童話や、物語を録音して、それに簡単な絵や音楽を付けて動画にしたいと、去年から考えているのですが、素人が一般的な民家の室内でパソコンやスマホに録音となると、やはり雑音が気になります。ザーッという音が、どうしてもはいるのです。専用ソフトでだいたいの雑音を除去することも可能ですが、できれば、元々の録音時に、雑音が少ない方がいいですよね。

 さらにそれ以前の問題として、普段は気にならない程度の生活音や、外部の雑音。自分が普段は無視できる程度の音でも、録音してみると「あれ、聞こえる?」とわかります。

 あまりお金をかけないで雑音を減らす工夫を、いくつか見聞きしました。挑戦してみたものもあります。

 パソコンやスマホなど、録音するものの周囲に、段ボールなどを組み立てて大きめのパーティションを作る。できればその段ボールの内側に、プチプチビニールや、布などを貼りつけてみる。

 これならば、仮に効果がないとわかった場合でも、元手はさほどかかりません。余っている段ボールなどを組み立てるだけです。

 オフィスなどで見る来客時のパーティションを買ってきて、デスクの周囲に立てる。

 これは効果はそこそこあるかもしれませんが、お値段もいきますね。さらに、上部の空間にも、何らかの工夫が必要かもしれません。利点は、片付けが簡単ということです。

 クローゼットや押し入れ、収納家具を利用。音声収録時だけそれらの内側に遮音シートを貼った板や段ボールを立てるか、あるいはもう、そこを専用の録音スペースにしてしまう。

 これは…そうですね、家が広くてクローゼットや収納家具がほかにもたくさんある方は、やってみてもいいかもしれません。
 ちなみに遮音シートは、通販されてます。こちらは楽天のお店ですが、他社通販サイトでも、安いのから、高いのから、たくさんあります。

 それから、マイクですが、高いものを買う必要はなくとも、口元のすぐ近くで音を拾ってもらえるような製品、またはそのための工夫をすることが、必要と思います。

(2021.02.28 追記:)
 あまり高くなくともいろいろな種類のマイクがあると聞き、検索してみました。3000円前後から、あります。片耳にかけるタイプのヘッドセットも、同じくらいの値段からありました。
 実際にひとつ試してみようかと、ワイヤレスではない据え置きタイプで安そうなものを選びました。音質や、ノイズ軽減、それから耳の負担を考えると、やはり置けるタイプです。
 マランツのAmazon限定品(2980円)がすぐさま到着。まだ数時間しか使っていないので感想が書けるほどではありませんが、声はよく拾ってくれます。のちほど、もう少し慣れてきた段階でレビューします。

 ==== わたしが、やってみたこと ====

 去年ですが、わたしがやってみたのは、一番上の、自作パーティションです。ただしそのときはかなり簡易なもので大きさが足りず、パソコンの周囲と自分の上半身程度がカバーされるものでした。内側にプチプチまたは遮音シートでも貼って、ある程度の大きさで、またやってみようかと思っています。 

 でも、その前に、録音する内容そのものが、もっとうまくならないといけませんね(^^;。

 朗読(読み方)の練習も、していきます。

≫ Read More

雑記   2021/01/26   mikimarche