«前 || 1 | 2 | 3 |...| 20 | 21 | 22 | 23 | 24 || 次»

ローソンとヤフー、スマートフォン用の通販サイトを共同で

ローソンとヤフーが、今年12月に、スマートフォンから注文できるサイトを立ち上げるそうです。

NHKニュース
ローソンとヤフー 共同サイト

日経新聞
ローソンとヤフー、スマートフォンでセール情報発信
この記事には、位置情報活用しネットと実際の店舗を行き来、という副題がついていますので、たんに通販サイトということよりは、少し踏みこんだ可能性を考えているのでしょうね。

わたしはいちおうスマホ(Windows系)ですが、最近はスマホといえばアンドロイドかMacなのでしょうね。今後はスマホが充実しそうですが、ガラケー支持者の方々は、ガラケーとスマホを2台お持ちになるのでしょうか。

 
 
mikimarulogも、よろしくお願いします。

ウォーキング用のシューズを購入

わたしの場合は普段からすべてスニーカー系の靴ですが、いまは時期が時期だけに足もとが濡れやすく、予備に靴があったら心強いと、防水加工の表示があったこの靴を買ってみました。

到着したそのままの画像です。
色は室内撮影のため雰囲気が違うかもしれません。
防水ウォーキングシューズ
横がファスナーなので着脱簡単。
防水ウォーキングシューズ

軽いのに底はしっかりしていて、とても安定しています。横幅もあって、かかとやアキレス腱も、こすれるようなことはなくて、とても楽です。

外での試し履きが楽しみです。

今回の商品は楽天市場のお店で購入しました。レビューを書けば送料半額ということで、商品と送料の合計が2,334円でした。

 
 

大阪市の水道水「ほんまや」

最近、大阪市の水道水「ほんまや」が売れているというニュースを耳にしていました。
(ネーミングがいいですね)

…記憶違いだったらすみません、20年くらい前の印象ですが、大阪って「水がめちゃくちゃまずい」という噂は、ありませんでしたか? わたしはいまだに、売れていると聞いても半信半疑ですが、あれはただの噂だったのか、あるいは局地的な現象だったのか。美味しくなって何よりです。

asahi.com
大阪市の水道水「ほんまや」、売り上げ100万本突破

大阪市水道局の「ほんまや」公式サイト

でも、ひとことよろしいでしょうか。1本百円は、高いです。原材料が水道水なら、もう一声。

まあ、東京の「東京水」も、同じ値段ではありますが。
東京都水道局「東京水」キャンペーンサイト

やっぱり、東京はネーミングセンスが普通だなぁ。大阪のような名前を思いつく人はいないのでしょうか。残念。

 
 

銀座松坂屋13年に閉店、17年に大型商業施設の予定

銀座三越がきれいになり、松屋の近くはブランド店が、いっぱい。やはりそろそろ、松坂屋の番ですね。そういえば松坂屋近くの資生堂もビルの建てかえが終わったころでしょうし。

ただ、松坂屋の改装ではなく、松坂屋の跡地に商業ビルということでしょうから、寂しいといえば、寂しい。

asahi.com
松坂屋取り壊し、銀座最大級の商業施設計画 Jフロント

47news
銀座最大の商業施設を計画 松坂屋を取り壊し

 
 

続報:アタックNeoフローラルシャインの香り

先日問い合わせをしたことを覚えていてくださった花王さんから、ご連絡をいただきました。消費者相談室さま、ご丁寧にありがとうございます。感動しました。

全国のイオンにて、8月ごろ終了予定で、アタックNeoフローラルシャインの香りを発売開始したそうです。

みなさま、イオンにどうぞ。

 
 

欧州の大規模食中毒、原因はモヤシの可能性(?)

ロイターの記事によると、ニーダーザクセン州当局者の発言として、感染源はある農場で生産されたドイツ産モヤシの可能性がある、とのことです。

ロイター
欧州の大腸菌食中毒感染源はモヤシの可能性、生産農場を特定=ドイツ当局

今回の件で、スペイン産キュウリを含めた生野菜の生産業、流通業には大打撃となりましたが、そういう状況のなかで当局者がモヤシと発言するのですから、よほど確信があると考えてよいのでしょうか。続報が待たれます。

現在、死者は22名だそうです。合掌。

 
 

Amazon返品体験

先日も書いた件のつづきです。通販では滅多に返品したことがありません。それはわたしが買う商品の大半が、食品と書籍だからです。

食品は生産者や販売者の方が心をこめて事故がないように詰めてくださることがほとんどで、書籍は中味が自分の思っていたものと異なってもそんな理由で返品するのはおかしいと思うから(そういうリスクをこみで自分で通販を選んでいる)です。

で、今回はAmazon.co.jpで、ある輸入品(瓶詰め食品)を返品しました。この写真に写っている右側のものです。
(左側はたいへん美味しくいただいて、別ブログに感想を記載済み)。
Amazonで購入した瓶詰め商品

蓋の上部がペコペコと動きました。蓋の脇(爪部分)も、なんだか不自然なへこみがありました。賞味期限は製造から2年のところ、あと2ヶ月でした。これだけ条件が揃ったら出荷時に何か気づけばいいのにと、正直な感想として思います。

Amazonの購入記録から、返品の欄をクリックしました。すると、食品だからなのか、到着予定日よりも早く着いたからなのか、返品の詳細に進めません。返品可能期限が前日になっていて、この商品はカスタマーセンターに連絡してくださいと、メールフォームがでます。

仕方ないので、出てきたそのメール欄に返品したい理由を書いて送信すると、3時間後に簡単なお詫びと、返品方法へのリンクがきました。そのリンクを見ると、郵便事業会社に登録して集荷を待つか、ほかの会社を使う場合は…などの説明があります。

ですが、(わたしが思うに)いきなり商品だけが返品されたらわけがわからないだろうから、何か返品メニューの指示に従って印刷したものを同封したり、あるいは何か説明を書いた紙を入れるなどの具体的指示があるのだろうと、もう一度メール連絡をしました。返品メニューに進めないからメール連絡したのだが、このままで(メニューを進まなくて)いいのかと。

…返事があって、ただ郵便事業会社を呼べばいいとのこと。そこで、初回のメールの返事にあった郵便事業会社に移動し、Amazon返品用のメニューに名前と住所を登録。いつきてほしいかとあったので、その日を入力して、商品のみを梱包して集荷を待ちました。

わたしからの返品が到着したであろう日から、さらに翌日、返品を受けとりましたのメールと、その数時間後に、クレジットカードに返金しておきましたとのメール。以上で終了。簡単で早いことを評価する人もいるかもしれないけれど、気持ちがこもってなさすぎ。お金を返せば、それでいいのでしょうか。

物流と合理性では、Amazonはすばらしいかもしれない。でももう少し、苦情や意見には親身に耳を傾ける人がいるような、温かみも感じたいです。

 
 
«前 || 1 | 2 | 3 |...| 20 | 21 | 22 | 23 | 24 || 次»